NoteBurnerのクラックの違法性について徹底解説

クラックとは、有償のソフトウェアに手を加えることで、無償で利用できるようにする行為のことです。クラックは基本的に犯罪であり、絶対にやってはいけない行為です。

しかし、NoteBurner製品の使用料が高いため、できるだけ安く使いたい場合、クラックという違法行為を行ってしまう可能性があります。

今回は、NoteBurnerのクラッキングの違法性や危険性について紹介します。また、どうしてもNoteBurnerを安く使いたい方には、Y2Mateをおすすめします。

NoteBurnerのクラックは体験版を不正改造した海賊版

まず、クラッキングについて紹介します。

クラッキングとは、コンピュータやソフトウェア、データなどを保護するための対策や仕組みを破壊したり、回避したり、無効にしたり、本来許されない操作を行うことです。

NoteBurnerクラッキングとは、クラッキング技術を使用してNoteBurner製品を不正に使用することを指します。

NoteBurnerは、一定期間内であれば体験版として無料で使用することができます。通常、無料期間が終了すると、NoteBurnerは料金を支払わなければ使用できなくなります。

しかし、改ざんされたクラック版では、試用期間を不正に操作することで、NoteBurnerを永続的に使用できるようになります。

NoteBurnerのクラックがバレる理由

NoteBurnerのクラックされたソフトウェアを利用すると、バレる可能性があります。というのも、NoteBurner側が定期的にオンラインでソフトをチェックしているからです。

インターネットに接続されている場合、不正利用が露見する可能性があります。NoteBurnerに不正使用が発覚した場合、警告が届き、アカウントが凍結され、ソフトウェアが使えなくなります。

クラックされたNoteBurnerのソフトウェアは、ネットワークに接続されていなければNoteBurnerにバレることはありませんが、ネットワークに接続されていない状態でソフトウェアを使用することはほぼ不可能となります。

NoteBurnerのクラックにおける危険性

著作権侵害にあたる犯罪で起訴されると10年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金

NoteBurnerのクラックした海賊版を使用することは著作権侵害の罪にあたります。起訴されると10年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金が課せられます。

このようにクラックしたソフトを販売することで、実刑判決を受ける場合もあります。また、今後はクラックしたソフトを利用した人にも同様の罪に問われる可能性があるので注意が必要です。

パソコンの汚染・ウイルス感染

NoteBurner社ソフトをクラックした海賊版を使用するとパソコンの汚染やウイルス感染をする可能性があります。

NoteBurnerのクラックしたソフトは、本来の機能などを破壊して無期限で使用できるようにしています。そのようなソフトに悪質なウイルスを忍ばせておくこともできますし、ソフトを利用した人の個人情報を盗み出すことも可能です。

また、不正に改造したソフトなため、ソフト本来の機能がうまく使えずにパソコンに不具合を発生させる可能性もあります。

NoteBurnerのクラックしたソフトを利用することは、リスクを伴い危険なことが多いので使用しないことをおすすめします。

格安のY2Mate

動画を保存したいなら、Y2Mateが一押しです。

まだY2Mateをご存じでない方も多いのではないでしょうか。

そこで、Y2Mateの優れた機能をいくつかご紹介したいと思います。

Y2Mateはありとあらゆるウェブサイトから動画コンテンツを手軽にダウンロードしてくれる最強のソフトです。使い方はいたって簡単で機能もわかりやすく、動画のリンクをコピペして、再生すると自動的にダウンロードが開始され、1つの画面で画質・字幕・形式などダウンロードに関わる設定を全て行うことが可能。さらに料金プランも月額・年間や買い切りなど複数ご用意しております。もちろんiOS対応もバッチリです。一番簡単な操作で映画館に負けないほどの高画質をお届けします。無料お試しと返金プランもついて安心なので、皆さんはぜひこれを機にダウンロードしてみてください。

フリーグラブアップの全知識 無料 Amazonプライム
AnyMP4って何?スクリーンレコード機能について検証してみました